やる気の有無にかかわらず“続けること”が突破口に

行政書士試験に独学で挑戦する受験生にとって、難しいのが「いかにモチベーションを維持するか」という点でしょう。
人間、気分に左右される生き物。
ひとたびこのやる気の部分がやられてしまうと、途端に試験対策は頓挫してしまいます。
行政書士独学受験生がモチベーションを保つためには、どのような工夫が有効なのでしょうか?
合格者の声を元に、検討していくことにいたしましょう!

行政書士試験の独学に“モチベーションの波”はつきもの


やる気を維持するために、意外と重要なのは「気持ちにのまれない思考を心がけること」ではないでしょうか。
行政書士試験対策と言えば、おおよそ1年の長丁場。
この全期間、気持ちを前向きに維持し、完璧に対策に集中できること等、そもそも不可能です。

人間、ロボットではありませんから、程度の差こそあれ誰にも“やる気満々な日”とそうでない日が生じます。
やる気のある日は何の心配もないでしょうが、問題なのは後者の「やる気になれない日」の対処法です。

これはもう、ある意味割り切ってやり過ごすしかありません。
「気持ちの波は必ず生じるもの」と理解し、やる気のない日に無理にやる気を出そうとしないことです。
67c7774099088531a074c527091fd764_s
頑張ろうとすると、頑張れない自分に対してネガティブな感情が生じてしまうでしょう。
だから、やる気になれない自分を過度に攻撃せず、受け入れてしまうことも必要です。

モチベーションの有無にかかわらず、やると決めたことはやる


とはいえ、行政書士試験の独学受験生が「今日はモチベーションが上がらないから勉強しないぞ」という感じで何日も過ごしていれば、それはそれで大問題です。
気持ちの波とは裏腹に、本試験日は確実に迫ってきているわけですから、やるべきことはこなしていかなければ間に合わなくなってしまいます。
ときには「気持ちがのらなくても機械的にこなす」といった努力をしなければなりません。

“モチベーションが上がらない自分を受け入れる=勉強をしなくても良い”ではありません。
もしかしたら、無理やりに問題演習に取り組んでいるうちに、気持ちが回復してくるかもしれません。
その日のノルマが終われば、何となく気持ちが前向きになることだってあるでしょう。
行政書士試験に独学で挑戦するなら、「やると決めたら、モチベーションが上がらなくてもやる」をモットーに、自分に厳しく頑張りましょう!

TOPページへ

【リンク】
私がイチオシの行政書士の教材は当然コチラ
6か月間の学習で余裕を持って試験に挑めると思います。

リンク集